お知らせ

多肥実年セミナー・高齢者教室

今日は称讃寺の瑞田住職に、「あなたの人生の最期は誰に世話をしてもらいますか」についてお話をいただきました。
終末期には「家で過ごしたいか」「延命治療はするか」「おむつは誰に替えてもらうか」など、皆さんに問いかけもあり、自分だったら、と考えながらお話を聞きました。
自分の思いは、きちんと周りの家族に伝えておくことの大切さを学びました。
重いテーマではありますが、住職のユーモアあふれるお話で、楽しい90分でした。

関連記事

  1. 多肥実年セミナー
  2. 第9回 多肥夏まつり
  3. 粘土教室〜干支の子作り〜
  4. みんなで和三盆の干菓子を作りました。
  5. 多肥地区町民文化祭
  6. 多肥実年セミナー
  7. からだよろこぶエクササイズ 始まりました!
  8. 人権教室

最近の記事

PAGE TOP